THE TREASURES OF KIYOCHAN
ダックス親子&ポメラニアン&ヨーキー&その他大勢?と管理人KIYOPONの日記です♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お知らせ
突然ですが、今日で、このブログ(ホームページ)を閉鎖することにしました。

理由は、「人間の嫌らしい部分」によるものです。

ウチには、みなさんご存知のとおり、アクビとクレオという可愛いコッカーが居ます。

その他ダックス、ポメ、ヨーキーともども、どの子も大切な子供たちです。

その子供たちを個人レベルで評価する人たちが居ます。

その勝手な噂話から私は、この可愛い子供たちの事をこうして閉鎖することで守ってあげることしかできません・・・。

アクビは、生まれて来る事を2年も待った待望の子でした。

その子を飼い始め、コッカーの魅力に、毎日とても癒されています。

ウチの子の大半は、ペットショップから来た子たちです。

アクビとクレオは、同じブリーダーさんから来た子たちです。

ショップから来た子達を飼い、毎回思うことは、「この子たちの親や兄弟はどこにいるの?」という疑問でした。

そんな理由から、コッカーを迎える際、いつでも両親や姉妹犬と連絡が取れるという利点もありブリーダーから迎える事にしました。

日本には沢山のブリーダーがいます。

その中から毎日ホームページを検索し、何度も考えた結果、イングリッシュコッカー専門の、あるブリーダーさんに行きつきました。

幸いお家からも近かったこと、ホームページを読む限りではとても愛犬を可愛がっておられること、巣立っていった子犬たちの新しい飼い主さんと交流があること、アフターフォローをしてくれるという内容を理由に、このブリーダーさんからお迎えする事にしました。

アクビを迎え数ヶ月・・・。
アクビとブリーダーさんに成長を見てもらおうと里帰りした際、1人飼い主がまだ見つかっていなかったクレオを「アクビの交配相手には最高だよ!」と言ってもらい急に決まってクレオを突然迎える事になりました。

クレオを連れて帰り3日後・・・。
突然、食欲元気がなくなり、下痢嘔吐のあらし・・・。
焦った私は、すぐにパパコに診てもらい、診断は重大な感染症に感染していました。

通常、この病気は、1週間という潜伏期間があります。

なので、ウチに来て3日で発症したということは、ブリーダー宅で感染したということになります。

子犬には命とりな感染症だったので、私は、あわててブリーダー宅へ連絡をしました。
他の兄弟に感染してはいけない!と思ったからです。

ブリーダーさんは、他の子には今のところ症状が無いからとお迎えを早めてもらい、このことは言ってないとおっしゃいました。
クレオに関しては、病気の事もあり、ウチに来る運命だった。とおっしゃいました。

それから数日・・・。
毎日元気が無くなって瀕死の状態になったクレオを必死に治療し、心配しているであろうブリーダーさんに心配を掛けないようにチクイチ状況報告のメールをし、虹の橋を渡ろうとしたクレオは、なんとか回復してくれました。

クレオは、アクビと違い、とても大人しい子です。

このブログでも紹介したように、良く言えば「大人しい」悪く言えば、「暗い」といった感じの子です。

そんなクレオは、子犬の時、「お耳が聞こえてないの?」と私が本気で心配した時期がありました。

名前にも反応せず、大きな音にも全く反応しない・・・。
「病気のせい?」とも心配し、色々な獣医さんに診ていただきましたが判別できず、ブリーダーさんに訪ねてみました。

返答は、ブリーダー宅のワンコも同じような時があるとのこと・・・。

アクビにも、他の子にも見られない事だったのですが、ブリーダーさんからそう言われました。

その後、色々と専門的に見てもらった結果、あまりよい結果ではありませんでした。

先日、ネット友達に犬用品の相談をしていた時、突然、「クレオを手放した方が良い」と言われました。
突然のことでビックリした私は、「なんで??」と数日悩み、ブリーダーさんに見解を求めました。

ブリーダーさんからの答えは、こうでした。

「○○さんは、愛犬を溺愛していて、自慢の息子です。
その兄弟であるクレオが、伸び伸びと育っているように見えないのではないですか?
写真ではしょんぼりして見えるのでしょうね。
兄弟たちは、川遊びだの、訓練だの、のびのびとしている様子が聞こえてきます。
兄弟の○君も、夏は山中湖で別荘暮らしで、もうすぐ、アメリカに行きます。

ブログでの印象は、クレオはケージの中が多いのかな?と言う雰囲気が
感じられます。
多頭飼育を言うのではないと思いますが
あまり手をかけているように見えないのかもね。
で、ダックスの赤ちゃんが生まれたらなお更・・・と
心配している見たいですよ。

正直な所、耳が聞こえないのでは?と相談された時には
この子を見てくれているのかな?と感じ、私はクレオを
不憫に感じました。
「根暗」と表現される事には、クレオが可哀想でなりません。
愛情表現としての表現であるとは感じられ難いです。
このように表現される事に付いて、わたしはとても残念です。

正直な所、今のクレオは、本当の彼ではないと思いますよ。
見てないのでこんなこと言うのもどうかと思いますが
大人しい事に変わりは無いと思いますが
どこか押し殺しているのかもしれませんね。
少なからず、ブログからはこのような印象を受けますが・・・・

○さんや○○さんは、毎日,大自然の中で犬との生活を
楽しんでいます。
犬も、思いっきり走り、満期しています。
犬の笑顔が沢山なのでしょうね。

訓練の先生にでも来て頂いて
色んな事を経験させてあげてはどうですか?
素直な良い子なので、伸びると思います。」

こういう返事でした。

非常にガッカリです。

私は、○さんにもブリーダーさんにもクレオが来てから一度も会った事がありません・・・。

成長したクレオにも会って頂いた事も無く、私とクレオの関係も知らないはずです。

なので、見たことも会った事も無い人に、「手放せ」とか「可哀想」とか言われたのです。

私が唯一ブログを更新していた楽しみは、愛犬との楽しい生活をみなさんにも一緒に楽しんで読んで頂き、また育ての親のブリーダーさんにも、譲っていただいた感謝と可愛い愛犬の成長を報告できたら・・・と思い更新してきました。

それが、私の意図とは全く正反対になってしまい、本当に悲しくてなりません・・・。

このブログを楽しみにしてくださっていた方も沢山居てくださったことは、本当に感謝しています。

ただ、こうして私が良かれと思いして来た事が、大切な愛犬を逆に「可哀想な犬」にしてしまったことが残念で悔しいです・・・。

ブログというものは、しょせん文字や写真の世界です。

そのページの上でのたった一部分でしか人や愛犬を評価出来ない方がいらっしゃることが今回よくわかりました。

私は、自己満足の世界かもしれませんが、愛犬とは自分の許す限りの時間をともにしていると思っています。

仕事上、どぉしても一緒に居れない時間があるのも事実です。
でも、その一緒に居れない時間の後は、精一杯、一緒の時間を取り、一緒に遊び、一人にした時間以上に満足してもらえるように頑張ってきました。

お家も、私やパパコの為だけで買ったのではありません。
常に、愛犬と遊べるだけの空間が欲しかったからです。

私の努力は、ほんの些細なことかも知れませんが、今の私とパパコに出来る最大の事だと思っています。

なので、今回の出来事は、本当に悲しく私自身がとても立ち直れそうにありません・・。

こうして更新する気分にもなれないし、これ以上変な評価や変な噂話の標的になりたくないので、今日で閉鎖することを決めました。

ネットを当初はじめたのは、沢山のワンコ友達が欲しいという単純な理由からでした。

そのネットで沢山のお友達が出来たのも事実です。

それは、私の宝物です。

犬を飼う上で、「大自然に行く事、外国に行く事、別荘があること」そういうことが常に要求されるのでしょうか?

つまりは、お金や時間が余った人しかダメだということでしょうか・・・。

私は、飼い主と愛犬が良い関係で、無理の無い空間で一緒に物事を楽しんで行くものだと思っています。

それが時には「訓練」というものが必要なこともあるのかもしれませんが、私は自分の愛犬に、これまで一度も必要だと感じた事はありません・・・。

なので、逆に、訓練をすすめられても「個性がつぶれてしまう」とも思ってしまいます。

犬を飼う環境は、人それぞれだと思います。

大抵の方は、毎日朝から晩まで仕事をされ、愛犬はお家で留守番というケースも稀ではありません。

そんな中、私以上に愛犬の時間をついや出来る家庭と比較されて「可哀想な犬」と言われることが理解出来ません。

まして、信頼していたブリーダーさんに言われるのは予想外で、言葉もありませんし、なによりもブリーダーが言うべき言葉では無いと思います。

思っていても、言うべきではないと思いませんか?

人間性の問題だと思います。


最後に・・・

更新を楽しみにしてくださっていた方、「ブログを読んだよ!」と、アクビやクレオを含めみんなに逢いに来てくださる方には、本当にゴメンナサイ・・・。

そして、たくさんあるブログの中から、ここへ遊びに来てくださって本当にありがとうございました!!

愛犬は、どんな場所でもどんな空間でも、どんな時間でも、「飼い主さんと一緒に居る」という時間を楽しんでくれていると私は思っています。

みなさん、愛犬との時間を楽しんでくださいね!

さよなら!





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
楽しいブログでした!
こんにちは!最後のブログ拝見しました。

Kiyoponさんのブログは、お家にたくさんのワンちゃんがいるし、たくさん一緒にお出かけされてることもあって、私も毎日ひそかに覗いてました。

だから、こんな形でブログがなくなってしまうこと、・・とっても残念ですが、私以上にやっぱりKiyoponさんが1番辛いのでしょう。そう思っていることがとっても伝わってきます。

私も一時はいろんな人のHPをよく訪ね、よく書き込みなどしていました。HPを作ろうと色々集めていました。でも・・・私もKiyoponさんと同じような経験をしてしまいました(;_;)ネットの上で言葉や写真だけでは誤解が生まれやすいですよね。私も色々経験してすごく辛い思いもして、仲良くさせていただいていた方以外のHPへ行くことはやめてしまいました。

だから、『やめないで』とは言えません。とっても寂しいけど・・・。

自分の思ってること、最後にちゃんと伝える勇気があるKiyoponさんはとっても偉い!私はそう思います。偉いよ!本当に頑張ったね!

楽しいブログ本当にありがとうございました(*^O^)/ お疲れさま~♪♪♪
2006/09/11(月) 13:33:52 | URL | メル姉 #-[ 編集]
残念です。
最後のブログ読ませて頂きました。感想は..。一体その人達はKiyoponとワンちゃん達の何を知ってるの?何を見たの?見ても無いくせに勝手な事をいうなーー!って事です。私も前にコメントされている方と同じく止めないでって言いたいですが今回のことでKiyoponが本当に辛い思いをしたんだなーって思うから止めれません。でもきっとその他大勢の人はKiyoponとワンちゃん達の信頼関係をこのブログで読み取っていますよ^^そして何よりもKiyoponがしっかりワンちゃん達の事を考えてしている事、ワンちゃん達自身が1番よく分かっていますよ^^自身を持って大丈夫!!今まで楽しいブログ有難うございました。大好きのブログだったよ^^
2006/09/11(月) 18:11:18 | URL | りんママ #-[ 編集]
心を大切に
クレオ君がママに気付かせてくれたのかもしれない。

どんな基準でどんな計りで言ったかわからないけど、きっとクレオ君はママを選んできたんだと思います。

心無い言葉、そしてその言葉でどんなに人が傷付くかわからないような人より、痛みを知った人のほうが優しくなれると思っています。
傷付けたことも知らないかもしれませんね・・。

きっと、ここに書くのはすごい勇気がいったはず。
それだけ苦しかった思い察します。

自信をもってKIYOPON!
2006/09/12(火) 10:12:27 | URL | ray-chee #Uskr0pWs[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/09/14(木) 23:30:27 | | #[ 編集]
ひどい!!
お久しぶりです。ブログを読んで胸が詰まりました。
ブログの更新を楽しみにしていたのはもちろんですが、こんな形で終わるなんて思ってなかったので・・・。ほんとうに残念です。
いつも、このブログをのぞきに来たとき書き込みされている方のブログにも遊びに行くのですが、その中にこのブログを批判しているように思えるブログがありました。きっと、KIYOPONさんのブログの中に登場する人なんだと思うけど、とっても非常識な事が書いてあったよ!KIYOPONさんがいう「あったこともないひと」って、あの人たちの事だったとしたら、本当に非常識な人たちだと思うわ!
訓練のこととか書いてたけど、それって私も人それぞれだと思う。
捕らえ方も考え方もひとそれぞれ。
だいいちKIYOPONさんのブログの中でも、訓練がダメだ!なんてどこにも書いてないのにね。
勝手に解釈して酷い言い方して・・・。こういう人たちって、他に話題がないのかしら?
KIYOPONさんは、こういう人たちみたいにならないでね!KIYOPONさんが愛犬を大切にしてることは、私もよく知ってるし。
こんな人たちに負けずに自信もってね!
またブログはじめてくれるのを楽しみにしてます!だって、会ったこと無いのに人の噂するなんて考えられないわ・・・。
2006/09/15(金) 20:33:37 | URL | ポンタママ #.qy2q86A[ 編集]
家族にワンコがいる方たちへ
私もKIYOPONさんと一緒でEコッカーを飼っています。
1頭はKIYOPONさんやポンタママさんが読まれたブログの方と同じブリーダーさんから迎えました。
もう1頭は里親募集から成犬になったワンコを迎えました。

ブリーダーさんから来たワンコは、怖い思いをしたことがないし、小さい時にやってきたので、とっても天真爛漫です。
里親募集から来たワンコは、最初、目が全然違っていて、見たこともない寂しい目、おびえた目をしていました。
その目はとても衝撃的で今でも忘れられません。

・・みなさんは、本当に辛くて辛くて、愛情が欲しくてたまらないワンコの目を直接見たことがありますか?触ったことがありますか?

私は、ワンコってとってもとっても愛情を与えてくれる分、とってもとっても愛情が必要な生き物だと思ってます。
だから、本当に愛されてない、幸せじゃないワンコは、目を見れば分かるよ。

ワンコだってちゃんと心を持った生き物です。

幸せかどうか、ちゃんと愛情をもらってるかどうか、人間の言葉や写真とかで決めるものではないのではないですか?

特にEコッカーは家族命の愛情深いワンコです。
とっても甘えんぼで可愛い犬種ですよね♪

どうか、同じEコッカーが家族にいる方々、ワンコの目を、気持ちを、直接会って、触ってから考えてあげてください。

大好きなEコッカーやワンコが登場するブログで、傷つく言葉が飛び交うのはもう見たくありません。

KIYOPONさん、2回も書いちゃった。 ごめんね。
2006/09/15(金) 23:58:22 | URL | メル姉 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/09/17(日) 11:11:29 | | #[ 編集]
残念です。
きれいで明るいママと、たくさんのかわいいワンちゃん達との楽しそうな様子に、いつも心和ませてもらっていました。

2006/09/18(月) 01:34:23 | URL | くろまま #-[ 編集]
追伸
私は、むしろクレオくんが家族に加わってからは、クレオくんが一番気にかけられてるなぁと感じていましたし、
ブログからは、わんちゃん達みんなに対する愛情が、ひしひしと伝わってきてました。

気持ちが落ち着いたらまたブログを再開して欲しいなぁって思います。
そもそもブリーダーさん達も、クレオくんの事を思い、心配する気持ちからの発言だったのでしょうから、
よく話し合えばきっとお互いの誤解も解けるんじゃないでしょうか?

それと、次に犬を飼う時には、あなたのやさしさや愛情を保健所等にいるワンちゃんに向けてくれたら幸いです。

2006/09/18(月) 02:27:38 | URL | くろまま #-[ 編集]
お疲れ様でした☆
いつも楽しく、楽しみに拝見させて頂いてました!
今回の閉鎖とても残念です。。。
KIYOPONさんとワンコみんなのやりとりを読みながら、自分自身のワンコに対する接し方を勉強したり、反省したり。時にはKIYOPONさんに「こういう方法はいかがですか?」と話合ったり。
色々ありがとうございました!
なんだか色々な方に色々言われてる様ですが・・・
私は最後のKIYOPONさんの書き込みは、百人いて百通りの育て方、生活の仕方があると伝えている様に感じました。
その意見に何の反対があるのでしょうか?
自分が絶対の人は、ワンコが大切ではなくて自分の考えが大切なんでしょね。。。
そうなっては悲しくないですか??
KIYOPONさんは今のままみんなと仲良く幸せに暮らしてくれる事を心から願っています☆
お疲れ様でした!
2006/09/20(水) 23:14:01 | URL | ピーママ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/10/05(木) 08:52:47 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/10/12(木) 09:06:30 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011/12/08(木) 02:47:56 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/12/01(土) 21:37:27 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/02/05(火) 07:41:29 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。